カート

  • 世界遺産モスタル 隣国ボスニア・ヘルツェゴビナへ!【英語ガイド/ドブロブニク発着】
  • 旧市街世界遺産にも登録されているモスタル
  • ネレトヴァ川にかかるスタリ・モスト(Stari Most,「古い橋」)
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ南部の村ポチテリのモスク
  • 可愛らしいモスクの内部
  • スタリモストからネレトヴァ川への飛び込む若者
  • モスタルの街から見たスタリ・モスト
  • 16世紀に建てられた石造アーチ橋です
  • 世界遺産モスタル 隣国ボスニア・ヘルツェゴビナへ!【英語ガイド/ドブロブニク発着】
  • 旧市街世界遺産にも登録されているモスタル
  • ネレトヴァ川にかかるスタリ・モスト(Stari Most,「古い橋」)
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ南部の村ポチテリのモスク
  • 可愛らしいモスクの内部
  • スタリモストからネレトヴァ川への飛び込む若者
  • モスタルの街から見たスタリ・モスト
  • 16世紀に建てられた石造アーチ橋です

4.2 / 5

star star star star star

45件のクチコミ

星5つ (15)
星4つ (26)
星3つ (2)
星2つ (0)
星1つ (2)
ファミリー (13)
友人・同僚 (9)
カップル (6)
一人参加 (17)
その他 (0)

このツアーに参加されたお客様はサインインの上、クチコミをご投稿いただけます。旅の思い出に、また今後参加を考える方のために、ぜひツアーの感想をお寄せください。

絞り込み:

ツアーに参加いただいたお客様の声

オリエンタルな雰囲気を醸し出す世界遺産モスタルへ

評価:
参加者名:
匿名希望

ドブロブニクでの滞在中、日帰り可能なモスタルへ効率良く、しかもコスパの面も良く、モスタル以外の場所にも行けるツアーであり即決。

集合時間は予定より早い目の6時半。

滞在先が旧市街のためピレ門前でピックアップ。8人乗りのバンに6人と乗用車に3人分かれて並行して向かう。私は乗用車の方に乗り、同乗者も有難いことに日本人の方たちで道中楽しく話もでき、気持ちの上でも安心して快適な環境でツアーに臨めた。

車中、女性のドライバー兼ガイドさんが運転しながら各街々を詳細かつ丁寧に説明してくれる。

途中、朝食の時間も兼ねて小休憩。その後スムーズに国境を越えて初めてのボスニアへ。
一つ目は聖母マリアが現れたとする奇跡の街メジュゴリエへ。個人的にはクロアチアやイタリアで豪華な教会を見てきただけに、街も教会もとてもシンプルで拍子抜けしたのが正直の感想。イエス・キリストの大きな像とメインの教会を見学し、さらりと市内を見る。

そこから今回のツアーのメインであるモスタルへ。現地の女性のガイドさんが案内してくれた。旧市街に向かうまでも建物など所々紛争の跡が残り、複雑な心境でもあったが、負の遺産として大切な存在感を放っていた。

旧市街に入ると丸い石畳のボコボコした道が続き、両脇にオリエンタル感満載の土産物屋、レストラン、カフェなど観光地として栄えている。ネレトヴァ川の近くからスタリモスト橋を見上げるスポットへ。

昼食兼自由時間はあったが、個人的には買い物したり、もう少しゆったりと街並みを楽しみたい心境であった。コスキ・メフメットパシャのモスクは見学料を取られるがそこから臨む橋の景色と360度広がるモスタルの街並みは一押し。中庭からも橋を背に写真が撮れる。

最後のポチテリは正直期待していなかったが、村に入ると500年変わらない石でできた村の雰囲気にテンションが上がりまくり、素敵な場所に感激した。村の小高いところに建つ塔から臨む景色は一見の価値あり。足場も悪く、手すりもない為かなり危険ではあるがオススメです。

ガイドさんは終始親切に笑顔で接してくれ、安全運転で安心してツアーを楽しめた。ツアーで知り合った方もとても良い方達で本当に良い思い出ができ満足です。ありがとうございました。

もっと見る

オリエンタルな雰囲気を醸し出す世界遺産モスタルへ

参加日
2020年02月
参加形態
一人参加
参加人数
5人以上

参考価格

¥7,806~(税込)

  • 日本語
  • 1人OK
  • お気に入り登録
所要時間
約11時間
催行日
カレンダー参照
最少催行人数
4名
催行会社
スーパーツアーズ
営業時間&サポートについて
新型コロナウイルス感染症の世界的拡大により、ホットホリデーでは在宅勤務を進めております。それに伴い、一時的に営業時間を短縮し、電話での予約・お問い合わせの受付けを停止いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご質問などはお問い合わせフォームより送信ください。

営業時間 平日(月~金曜日) 9:00~12:00

お問い合わせフォーム

  • メールマガジンを購読するメールマガジンを購読する
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter

お気に入り登録

PAGE TOP