カート

新規登録する

連携済みのアカウントでログイン

  • Google
  • Facebook

ヴィクトリアの滝ヘリコプター付デラックス1泊2日ツアー [ヨハネスブルグ発 航空券付]

  • ヴィクトリアの滝ヘリコプター付デラックス1泊2日ツアー [ヨハネスブルグ発 航空券付]
  • ヴィクトリア瀑布は世界三大瀑布の中で最大落差を誇る
  • 滝の水しぶきで虹がかかる
  • 世界三大瀑布のひとつ、世界遺産ヴィクトリア瀑布
  • ヴィクトリアの滝ヘリコプター付デラックス1泊2日ツアー [ヨハネスブルグ発 航空券付]
  • ヴィクトリア瀑布は世界三大瀑布の中で最大落差を誇る
  • 滝の水しぶきで虹がかかる
  • 世界三大瀑布のひとつ、世界遺産ヴィクトリア瀑布
  • ヴィクトリアの滝ヘリコプター付デラックス1泊2日ツアー [ヨハネスブルグ発 航空券付]
  • ヴィクトリア瀑布は世界三大瀑布の中で最大落差を誇る
  • 滝の水しぶきで虹がかかる
  • 世界三大瀑布のひとつ、世界遺産ヴィクトリア瀑布

5.0 / 5

star star star star star

2件のクチコミ

星5つ (2)
星4つ (0)
星3つ (0)
星2つ (0)
星1つ (0)
ファミリー (2)
友人・同僚 (0)
カップル (0)
一人参加 (0)
その他 (0)

このツアーに参加されたお客様はサインインの上、クチコミをご投稿いただけます。旅の思い出に、また今後参加を考える方のために、ぜひツアーの感想をお寄せください。

絞り込み:

ツアーに参加いただいたお客様の声

アフリカ味わえました

評価:
参加者名:
NAKA

家族3人(夫婦、子供21才)で参加.ヨハネスブルグの空港で、日本人の担当者とあって、全ての書類を用意して持ってきてくれました。コーヒーを飲みながらチェックインまでの時間にいろいろアドバイスをしてくださいました。

とても役立ちました。ビクトリア滝の空港で現地スタッフ(英語オンリー)が迎えに来ていて、ナイアガラの滝を見るならいつがいいかをアドバイスしてくれます。私は最終日の朝に行くことにして町を散歩しました。町は警官があちこちにいるのでとても安心です。泊まったホテルはインディージョウンズのイメージのとてもラブリーなホテルで、名前はキングダムホテル。隣のビクトリアホールホテルに宿泊しているひとが、ここに来てこっちのホテルの方がいいと言っていました。夜のサンセットクルーズはそんなに感激はありませんでした。私達の今回の旅行の目的はサファリをエンジョイすることでしたから、これはなくてもよかったかな。でもそこで知り合ったオーストラリアから来た医師のご夫妻と仲良くなり、クルーズのあと、夕食を一緒に食べました。その意味では良かったです。次の日は、車で一時間位走って隣の国ボツワナにはいり、川からの動物見学です。水辺に数え切れないほどの象、かば、インパラ、ワニを見ることができます。10m位近くにボートを寄せてくれます。陸にあがり、ビュッフェスタイルのランチ(美味しいよ)料理をとって、午後からはジープで陸からサファリです。先ほどみた動物にいやというほど遭遇し、川からはみえなっかたキリンやヌーも見ることができましたが、ライオン等のネコ科はいませんでした。あとはひたすらジンバブエのホテルに戻るだけ。夜は、地元の人のダンスや歌を聞きながらいろんな肉をえらんでのバーベキュー中心の食事がついてます。私の口にはあいませんでしたが、他の二人は、何でも食べていました。(虫の料理も食べていました。)次の日の朝滝を見に行って正解でした。綺麗に見れました。写真をとりながら2時間位あるくかな。途中で猿達に遭遇して目をあわせないようにして横を無事通過しました。お昼すぎの飛行機にのってヨハネスブルグに戻りました。内容はほぼ満足。でもちょっと値段が、高い感じかな。でも行くべきですよ。現地スタッフはとても親切で待ち合わせ時間に正確でした。私的にはジンバブエ一泊ボツワナに一泊のほうが、良いスケジュールかなとおもいました。

もっと見る

ヴィクトリアの滝ヘリコプター付デラックス1泊2日ツアー [ヨハネスブルグ発 航空券付]

参加日
2013年03月
参加形態
ファミリー
参加人数
3人

US$905

(¥140,635税込)

  • 1人OK
所要時間
1泊2日
最少催行人数
1名
※実施に必要な最低限の参加人数。1名でも申込可能。
営業時間&サポートについて
新型コロナウイルス感染症以降、営業時間を短縮し、電話での予約・お問い合わせの受付けを停止いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご質問などはお問い合わせフォームより送信ください。

営業時間 平日(月~金曜日) 9:00~12:00

お問い合わせフォーム

  • メールマガジンを購読するメールマガジンを購読する
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter