カート

新規登録する

連携済みのアカウントでログイン

  • Google
  • Facebook

ローマから鉄道で行く!フィレンツェとピサの斜塔入場1日ツアー(日本語公認ガイド)

  • ローマから鉄道で行く!フィレンツェとピサの斜塔入場1日ツアー(日本語公認ガイド)
  • 世界遺産ピサの斜塔
  • フィレンツェ ドゥオモ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
  • ヴェッキオ橋
  • ヴェッキオ宮殿前 ミケランジェロのダビデ像(レプリカ)
  • メルカート・ヌオーヴォの幸運のイノシシの像
  • トスカーナ公国の中央政庁があった宮殿前の彫刻
  • 洗礼堂とミラコリ広場
  • ローマから鉄道で行く!フィレンツェとピサの斜塔入場1日ツアー(日本語公認ガイド)
  • 世界遺産ピサの斜塔
  • フィレンツェ ドゥオモ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
  • ヴェッキオ橋
  • ヴェッキオ宮殿前 ミケランジェロのダビデ像(レプリカ)
  • メルカート・ヌオーヴォの幸運のイノシシの像
  • トスカーナ公国の中央政庁があった宮殿前の彫刻
  • 洗礼堂とミラコリ広場
  • ローマから鉄道で行く!フィレンツェとピサの斜塔入場1日ツアー(日本語公認ガイド)
  • 世界遺産ピサの斜塔
  • フィレンツェ ドゥオモ サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
  • ヴェッキオ橋
  • ヴェッキオ宮殿前 ミケランジェロのダビデ像(レプリカ)
  • メルカート・ヌオーヴォの幸運のイノシシの像
  • トスカーナ公国の中央政庁があった宮殿前の彫刻
  • 洗礼堂とミラコリ広場

4.6 / 5

star star star star star

12件のクチコミ

星5つ (9)
星4つ (2)
星3つ (0)
星2つ (1)
星1つ (0)
ファミリー (5)
友人・同僚 (3)
カップル (0)
一人参加 (4)
その他 (0)

このツアーに参加されたお客様はサインインの上、クチコミをご投稿いただけます。旅の思い出に、また今後参加を考える方のために、ぜひツアーの感想をお寄せください。

絞り込み:

ツアーに参加いただいたお客様の声

期待以上!大満足のピサ観光でした♪

評価:
参加者名:
匿名希望

初のイタリア旅行で、全泊ローマでした。でもせっかくだからフィレンツェにも行きたい!と思い、予約させていただきました。

私はフィレンツェのウフィッツィ美術館に行きたく、妹はピサの斜塔を見たい!ということで、午前中フリープランにして午前中は美術館に行って、午後からのピサツアーに参加しました!とても安いプランだったので、あまり期待はしていなかったのですが(すみません…笑)参加してみてびっくり!!添乗員さんはとても感じがよく、面白いお話もたくさん聞け、移動のバスもとても綺麗で最高でした〜〜♡念願のピサにも行けてしっかり写真も撮れました!次回以降、海外に行くときはまた予約させていただきます。良い思い出をありがとうございました♪♪(ピサの斜塔、絶対登った方がいいです‼︎‼︎)

もっと見る

期待以上!大満足のピサ観光でした♪

参加日
2018年08月
参加形態
ファミリー
参加人数
2人

フィレンツェもピサも最高でした

評価:
参加者名:
JUNICHI

今日は早起きして電車でフィレンツェへ向かう。

速攻で朝ごはんを食べる予定が、隣の席で食べていたカナダから来た日本大好きおばさんにつかまってしまい、長々と話をしていたので、20分ほどロスしてしまいぎりぎりで電車に飛び乗る。

高速鉄道でノンストップで一時間半ちょいなので、のぞみで東京ー名古屋くらいの距離か?

フィレンツェでドゥオーモでカテドラルや鐘楼に登ってみたらもうお昼。まだまだ回りたかったのだが諦めてピザとビールでお昼ごはん。

午後は観光バスに乗りフィレンツェからピサに移動し斜塔に登る。想像していたよりもはるかにすごい傾きで、らせん階段を上っていると左右に傾きが変わるため、ちょっと酔って気持ち悪くなる(昼に飲んだビールのせいではないはず…)。

日本ではまず人を近づけない傾きだが、登っても良いところがイタリアらしい。ただこれ以上倒れないように様々な手を打ってはいるとのこと。

お決まりの ”ピサの斜塔を支えてみる" の写真から、"ピサの斜塔を突っついてみる" を撮り、ローマに戻る。

もっと見る

フィレンツェもピサも最高でした

参加日
2018年07月
参加形態
一人参加
参加人数
1人

はじめてのフィレンツェそして斜塔

評価:
参加者名:
HARUHIDE

このツアーで一番不安だったのはイタリア高速鉄道に乗ってフィレンツェにたどり着けるかということでした。前日にテルミニ駅に行って電光掲示板を確認しましたが、特に難しいこともなく、またホームに行けばわかるようになっています。

車両番号も車体もしくはホームに記載されていました。車内は座席指定なのでわかりやすかったと思います。座席では充電もできますので、Cプラグを持参した方が良いと思います。WIFIはうまく繋がりませんでした。
フィレンツェではフリープランでボッキオ橋まで早足でガイドブック片手に観光しましたが、時代背景などがよくわからないので、ガイド付きプランにしておけば良かったと後悔しました。
午後からは斜塔ですが、写真のベストショットの場所を教えて頂いて良かったと思います。
斜塔付近はスリが多いとの事でしたが、ガイドさんは斜塔付近のスリは全て顔がわかっているとのことでとても心強かったです。
実際女性スリ4人組を見つけ、注意喚起をしていただきました。
はじめてのフィレンツェそして斜塔でしたがとても良い思い出になりました。

もっと見る

はじめてのフィレンツェそして斜塔

参加日
2018年05月
参加形態
一人参加
参加人数
1人

イタリア高速列車の旅

評価:
参加者名:
匿名希望

以前はバスで移動したので、初めて高速列車に乗ることができてテンションアップ。フィレンツェも駅から自分の足で歩いたのでいろいろな位置関係がよくわかりました。

メインのドゥオモや鐘楼辺りを散策した後、ヴェッキオ橋を歩いて宮殿見学に入るコースは大変よかったのですが、世界各国から観光客が押し寄せるこの時期(8月中旬)は、ドゥオモに戻ると入場待ちのすごい人混みで結局入場を断念してツアーは解散。自由行動に時間を回した方が良案ということでした。もちろんガイドさんの提案をツアー参加者全員が了承した結果なので問題はありませんが、本音を言えばやむを得ない了承かと・・・。毎年わかりきった状況だと思うので、順路を工夫して先にドゥオモに入場
できなかったのか?と疑問が残りました。(12月はこれほどの人ではなかった。8月に来てしまった自分達も悪いが・・・)
その代わり、すぐにウフィツィ美術館の当日券を買って鑑賞することができたのでそれはラッキーでした。
次は別のガイドさんと合流してピサの斜塔へバス移動。車中での話は主に注意事項で、周辺の様子や歴史などの話が聞けず残念でした。ピサでは実際に傾きを体で感じることができ面白い体験ができました。青空に斜塔が映えて素晴らしい景観。やはりここではあのお決まりのポーズ。我が家もまたもやしっかり写真に収めてきました。再びフィレンツェに戻りジョットの鐘楼が見えるベストポジションで夕食。遅い時間の列車にしていたので、ゆっくりとフィレステーキやニョッキを味わいました。帰りの列車ではイタリア在住のチュニジア人ファミリーと交流しながら楽しい時間を過ごすことができ、あっという間にローマへ。カフェもリーズナブルで、列車の旅、とても良かったです。
今回は残念に思うところがいくつかあったので、あえて星2つにしていますが、本来は効率のよいツアーで企画内容としては”大満足”だと思います。

もっと見る

イタリア高速列車の旅

参加日
2017年08月
参加形態
ファミリー
参加人数
3人

1日でフィレンツェとピサ満喫

評価:
参加者名:
匿名希望

ローマ滞在中に1日だけ時間がとれ朝6時台出発の列車で行くツアーに参加しました。フィレンツェは朝の人が少ないうちから、徒歩でのツアーでしたが、ガイドさんの案内と解説で町中を効率よく観光することができました。

午後はバスでピサに向かい実際に斜塔に上ってその傾きを実感しました。食事は付いていませんでしたが、観光中にガイドさんから情報を得る事ができましたので、アイスクリームのお店、お昼のスパゲッティのお店、また夜もフィレンツェで時間があったので紹介されたお店でワインとステーキをリーズナブルの値段でいただくことができました。一人だったので、個人で行動することも考えたのですが、ツアーにしたことでローマからの列車の手配や多くの観光地の見学、さらにはピサの斜塔見学までたいへん効率よく回ることができ満足しています。ローマに滞在して少し足を延ばそうという人にはお勧めのツアーです。

もっと見る

ローマから鉄道で行く!フィレンツェとピサの斜塔入場1日ツアー(日本語公認ガイド)

参加日
2017年04月
参加形態
一人参加
参加人数
1人
  • SALE

10%OFF

230

(¥40,212税込)

  • 日本語
所要時間
約14時間20分
最少催行人数
6名
※実施に必要な最低限の参加人数。1名でも申込可能。
営業時間&サポートについて
新型コロナウイルス感染症以降、営業時間を短縮し、電話での予約・お問い合わせの受付けを停止いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご質問などはお問い合わせフォームより送信ください。

営業時間 平日(月~金曜日) 9:00~12:00

お問い合わせフォーム

  • メールマガジンを購読するメールマガジンを購読する
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter