「総天然色リゾート。」
日本から一番近いオーストラリアの玄関口「ケアンズ」
人口は約13万人と小さな町ですか、豊かな自然に恵まれ
1年を通じ世界中からたくさんの観光客が訪れます。
なんといっても最大の魅力は「世界最大の珊瑚礁グレート
バリアリーフ」「世界最古の熱帯雨林」。
この2つの世界遺産。魅力いっぱいのケアンズを訪れた
ホットホリデースタッフによる、体験記をご紹介します。

海と動物に触れる3泊4日体験記
世界遺産の海「グレートバリアリーフ」と、同じく世界遺産の森「熱帯雨林」の両方を楽しみ、オーストラリアの動物達に触れることができる、ケアンズで 過ごすスタンダードな3泊4日をご紹介します。

3泊4日ジャングル探検と
エキサイティングアクティビティ体験記
オフロードを走る四輪バギーや夜の熱帯雨林を駆け抜ける4WDでのエキサイティングドライブなど、 日本ではなかなか体験できない アクティブな3泊4日をご紹介します。

ケアンズに旅立つ前の事前準備から入国まで

ETA(Electronic Travel Authority)
日本からオーストラリアへは観光目的の短期間であっても入国する際には、観光ビザが必要になります。ですが、観光ビザといっても大使館などに出向いてスタンプをもらったりする必要はありません。

3ヶ月以内の滞在であれば、ETAと呼ばれる(ETASと呼ばれることもあります)「電子旅行許可システム」にて取得することが可能です。 電子的な申請のみですので、入国の際に書類を提出する必要はありませんが、不安な場合には、登録内容をプリントアウトして持っておくとよいでしょう。

Internet Visa Services Australia
オーストラリアETAS登録代行サービス JAL ABC
ケアンズ国際空港到着
飛行機の中で、入国カードが配られますので、必要事項を記入しておきます。 記入事項は、氏名や生年月日、パスポート番号、搭乗便名、入国目的、滞在予定の住所、税関・検疫申告部分などがあり、間違いの無いよう注意してください。

尚、税関・検疫申告部分に、漏れや偽りの申請をすると高額の罰金を科せられる場合があるので、分らない場合はCAの方に確認するようにしましょう。到着後、審査官にパスポートと機内で書いた入国カードを提出し、入国審査をします。
そして、荷物を受け取り後、税関、検疫検査にて、荷物をX線検査と麻薬検査犬でチェックされます。

以上で、入国の手続きは終了です。

  • 一番人気のリゾートアイランド!
    グリーン島エコアドベンチャー
    日本人観光客に人気のグレートアドベンチャーで行くグリーン島は、ガイドブックを見ながら想像していたリゾートでの休日そのままの姿で迎えてくれます。エコ・アドベンチャーは、1日、半日を選べるランチなしのエコノミーパッケージ。
  • 日本語コメンタリー /英語
    ケープトリビュレーション & ディントリー
    ケープトリビュレーション自然域のすばらしい景色と、熱帯雨林を散策します。 デインツリー川までのハイウェイの景色は、オーストラリアの中でも有数です。 ポートダグラスまでは右手に海が広がり、その後は両側にサトウキビ畑が広がります。
  • 世界遺産エアーズロックへの1泊2日ショートトリップ。
    エアーズロック1泊2日パッケージ
    せっかくオーストラリアに来たからには、ケアンズだけでなくエアーズロックにも足を伸ばしてみましょう!乗り継ぎなくスムーズで快適な旅をどうぞ。
  • 格安ダイビング
    シークエスト号で行くグレートバリアリーフ
    ファンダイビングには水中ガイドが含まれないバディダイビング制なので、何度も潜っているようなベテラン向けのバジェットコースです。不安な方はオプションから水中ガイドを追加することも可能です。
  • 美しい庭園でロマンティックな時間を。
    夜のライトアップ・パロネラパーク ~星に願いを~
    スペインからやって来た移民ホセ・パロネラが築き育んだ夢の城・パロネラパークは、「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われる人気のスポット。
  • 世界遺産・熱帯雨林を川くだり
    タリー川1日ラフティング
    ケアンズから南に2時間下ったタリー川は激流下りで有名なラフティングの聖地です。 世界的に有名なタリー川の激流でラフティングに挑戦しましょう。 ライフジャケット!ヘルメット!装着オッケー!!パドルを受け取ったら、さあ激流へ漕ぎだそう。

トラベラーの口コミ