クチコミ評価 参加形態

4.33

★ ★ ★ ★ ★

3件のクチコミ)

星5つ (1)
星4つ (2)
星3つ (0)
星2つ (0)
星1つ (0)
ファミリー (1)
友人・同僚 (0)
カップル (0)
一人参加 (2)
その他 (0)

このツアーに参加されたお客様はサインインの上、クチコミをご投稿いただけます。旅の思い出に、また今後参加を考える方のために、ぜひツアーの感想をお寄せください。

このツアーのクチコミを書く

ツアーに参加いただいたお客様の声

英語ツアーでも楽しめました。

参加日 2016年03月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

英語ツアーでも楽しめました。

評価:
参加者名:
JUNNA

貧乏旅行をしていた関係で、できるだけ費用を抑えたかったので、思い切って英語ツアーにしたのですが、日本語ツアーと周るところは同じだったので、十分楽しめました。
ただ、説明も全て英語のため、しっかり話を聞きたい方は日本語ツアーをとったほうが良いかもしれません。
しかし、みんなでサンライズを待っている時の景色は本当にすばらしく、一生の思い出になること間違いなしです。

エアーズロックサンライズ、麓めぐり 又は、登山(英語) 2016年3月までの催行

参加日 2015年04月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

登山挑戦について

評価:
参加者名:
Yohei

このツアーの流れについて説明します。 各ホテルからお客様を乗せた後、サンライズ会場に向かいます。 その駐車場で、暖かいコーヒーや紅茶、ビスケットのサービスがありますが、それだけでは足りないので、各自ホテルで朝食ボックスを申し込むか、スーパーでパンを買っておく必要があります。
さて、タイトルの本題ですが、英語版の登山は、日の出20分ほど後に駐車場にもどり、北の登山口に行きますが、そこでダメならもう終わり。 後はクニヤウオークとカルチャーセンターの見学でした... もっと見る↓

。 翌日、リベンジと思い、日本語版に参加したら、登山口に行く機会が3回あるとのこと。
最初の1回がダメならクニヤ、2回目がダメならカルチャーセンター、最後の3回目もダメならすぐそばのマラウオークのようです。 3回ともダメでこのときばかりは人生で泣いたことがないほど泣きました。
登山しないという方や英語に自信あるなら英語版でもいいですが、 登山にこだわるか英語に自信なければ日本語がいいかと思います。 エアーズロックは乾燥で喉がかわくので、日本からスポーツ飲料の粉とのど飴が大量にあるとなお便利かと思います。

残念ながら登頂できなかったけど大満足

参加日 2012年09月
参加形態 ファミリー
参加人数 3人

残念ながら登頂できなかったけど大満足

評価:
参加者名:
RISA

9月末の参加で5時15分のホテル迎えでした。早起きだけが心配でしたが宿泊したアウトバックパイオニアホテルにモーニングサービスがあり(どのホテルにもあると思います、ただドミトリールームにはないかな。。。)利用しました。朝はかなり冷え込みます。日本の初冬に着用するような薄手のジャンパーを着ていきました。サンライズ会場で朝ごはんを食べれるのでホテルの朝食BOXや持参して食べている人が多かったです。コーヒー、紅茶、クッキーのセルフサービスもありました。サンライズ会... もっと見る↓

場につけば戻りの時間と簡単な説明をされたあと、あとは基本的に自由行動、思い思いにサンライズを楽しむという感じでした。サンライズの瞬間は見晴台の上にあるビューポイントいい写真を狙っている人でいっぱい。わりとウルルの前に生えている木が多いので写真狙いの人は早めに見晴台まで行って場所を確保したほうがいいです。日の出、色の変わっていくウルル、本当に素晴らしかったです。日の出会場を後にした後は登山口へ。朝からいいお天気だったので登れるものだと思っていましたが”強風”のためCLOSE。ちょっとびっくりしました。CLOSEだったのでウォーキングコースへバス移動してガイドさんの説明を聞きながらみんなでウォーキング。英語でしたが景色を見るものが多く、そんなに困らなかったです。大昔のアボリジニ人が書いたという壁画も見れたり登頂はできませんでしたが逆にいろいろな景色が見れてよかったです。最後にカルチャーセンターによってホテル戻り、9月末の参加で10時半ごろの戻りでした。カルチャーセンターではお土産を買ったり、軽い軽食を取ることもできました。