SALE

11月30日(木)
11:00まで!

期間限定セール開催中!!

詳細

クチコミ評価 参加形態

4.48

★ ★ ★ ★ ★

21件のクチコミ)

星5つ (11)
星4つ (9)
星3つ (1)
星2つ (0)
星1つ (0)
ファミリー (3)
友人・同僚 (4)
カップル (1)
一人参加 (9)
その他 (0)

このツアーに参加されたお客様はサインインの上、クチコミをご投稿いただけます。旅の思い出に、また今後参加を考える方のために、ぜひツアーの感想をお寄せください。

このツアーのクチコミを書く

ツアーに参加いただいたお客様の声

大満足のツアーでした!!

参加日 2017年10月
参加形態 友人・同僚
参加人数 2人

大満足のツアーでした!!

評価:
参加者名:
匿名希望

朝一起床は大変でしたが、サンセットも綺麗で、運良くウルル登山も出来ました!平均傾斜35°で思っていたよりもかなりしんどかったので、体力作り必須です。
ハートの岩や蛇の岩なども散策できました。
日本語のツアーだったので、アボリジニの聖地の歴史もたくさん教えてもらえました。ツアー参加日が移動日でしたが、時間通りにホテルに送迎してくれ、無事に飛行機にも間に合いました!
ツアーで来ていた日本人の方と仲良くなるとこもできて、とっても楽しかったです!!

朝陽に照らされた幻想的なウルル&麓散策

参加日 2017年08月
参加形態 カップル
参加人数 2人

朝陽に照らされた幻想的なウルル&麓散策

評価:
参加者名:
匿名希望

陽が昇る前の真っ暗な時間にホテルを出発。外は想像以上に寒く気温は6度!半袖、長袖シャツ、パーカー、ウィンドブレーカーでは全く防寒できずダウンジャケットは必要です。昼間は気温28度くらいまで上がるので半袖でも大丈夫です。
サンライズ会場に着くと、外の広場で先ずは温かい飲み物とクッキーで腹ごしらえ…寒くてじっとしていられませんでした>_<
各自で軽食を持参してきてここで食べてもいいし、バスの中でも食べることは出来ます。ただ日の出まであまり時間はないのでクッキー... もっと見る↓

で十分でした。展望台は狭くいい場所を取るためにも早めの移動をお勧めします!
位置関係はウルル(エアーズロック)のバックから陽が昇るのではなく、ウルルと日の出の間に展望台があり、そこから朝陽で照らされたウルルを見るというスタイルです。朝陽で少しずつウルルの色が変わっていく幻想的な姿がとっても綺麗で感動的でした。
この後はバスでウルルの麓へ移動。到着までガイドの方が、ウルルにまつわる伝説や先住民族のお話をしてくださり、これがとても面白くてもっと聴きたかったくらいです。
この日は快晴でしたが、風で一日中登山口は閉鎖されていたので参加者みんなで麓巡りをしました。実際は月の1/3程しか登山口は開かないそうです。
登山口を見ると、ウルルの端っこから直接昇る感じで急勾配です!鎖一本が続く策のない道を登っていくようですが(鎖は途中で終わります)、足元は凸凹です。
一日中ガイドさんと麓散策するもよし。登山口が開いていれば登頂トライして、余った時間は麓散策組みと合流する流れです。
登山口が開いているか3回確認するチャンスがあるので開くまではみんなと一緒に麓散策を楽しみます。
麓散策だけでもガイドさんの話がとても上手で十分楽しめたので満足です。
1つビックリだったのは想像以上に靴とズボンが赤土で汚れたことです。ここまで汚れるとは思いませんでした(笑)白のハーフパンツの人でさえ裾が赤く汚れていました。乾燥していて赤土も舞っているので色のチョイスは気をつけたほうがいいです。

ウルル登山は風次第

参加日 2017年09月
参加形態 友人・同僚
参加人数 2人

ウルル登山は風次第

評価:
参加者名:
匿名希望

前日のサンセットツアーに続いて、サンライズツアーにも参加しました。バスでリゾートからサンライズポイントに移動します。もちろん、朝がとても早いので、あまり時間に余裕はありません。結構、バスの駐車場から、サンライズのポイントまで遠いので早めに行った方がよいかも。また、写真を撮る場所でよいポイントは早く着た人が押さえてしまうので、結構早い者勝ち。あまり場所は広くありません。
その後は、ウルルの周辺を観光。風が強く立ち入り禁止になっていたため、ウルルには登れず。何... もっと見る↓

度か、登山口に戻って開かないか確認してくれます(親切)。なお、ちょうど帰りがけに登山口が開いたため、一度リゾートに戻ってから登りに行きました。(一度、リゾートには戻らないといけませんでした。)ウルル登山は、登りに40分位かかりました。ツアーで行く場合は結構時間に気を付けないといけないかもしれません。

サンライズのツアー

参加日 2017年09月
参加形態 友人・同僚
参加人数 2人

サンライズのツアー

評価:
参加者名:
匿名希望

ウルルのサンライズのツアーに参加しました。天気に恵まれて雲ひとつない素敵なサンライズを見れました。バスを降りてから朝食をとる場所からサンライズの展望台までの距離が、説明より長かったのでそれは予定外でした。あまりサンライズまで時間がギリギリでしたので、朝食をあまりしっかり取るような余裕はなかったと思いますので、あまり朝食を取りますというアナウンスはなかった方がいいのではないでしょうか?というのも、展望台が狭くて、いい場所は先にいらした方に取られてしまいます。... もっと見る↓

ゆったり行くような感じではありませんでしたので。
その後登山と麓ツアーでしたが、麓ツアーはガイドの方の説明がとても上手で聞きやすかったです。参加人数も多くて大変だと思いましたが、とてもみなさんに配慮されてアナウンスできていたと思います。なので麓ツアーについてはとても満足しています。あのガイドさん(あゆみさんだったかな?)によろしくお伝えください。

運はわたしを見放さなかった(登山できました)

参加日 2017年05月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

運はわたしを見放さなかった(登山できました)

評価:
参加者名:
匿名希望

朝真っ暗の中ロッジを出発。今回は日本語ツアーなので安心です。
(サンセットツアーは英語版を申し込み参加)
サンライズポイントに到着してのホットココアのサービスはよかった。寒さと眠気がいっきに消えました。
最初に登山口に行った際は風が強い理由で閉山されていてがっかり。
全体スケジュールからエアーズロック2泊はできなかったのでここまでか!とおもって山麓めぐりをしましたが、2度目のチャンスとして登山口を再度見に行ってもらいなんと登山可能な状態になってました。
... もっと見る↓

れしくて飛び上がった写真をとってもらったり、登っている場面を望遠レンズで撮影してもらえちゃいました。
登山口の上まで登るとかなりの急斜面で足がすくんでしまいましたが
欧米人はお構いナシに急斜面を駆け下りていきます。
2020年には登山禁止になるとの情報もあり今回登山ができてとてもラッキでした。
来年も是非遊びにきたいと思いますのでその際にはまたよろしくお願いいたします。

登山について、オプションが豊富で選べます

参加日 2017年05月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

登山について、オプションが豊富で選べます

評価:
参加者名:
TAKAJI

朝の集合時間が早いので不安でしたが、リゾートだと夜更かしする理由もないので自然と就寝時間が早くなるので心配ないかともいます。バスでの移動中にうっすらと浮かび始めるエアーズロックは何とも言えませんでした。太陽が顔を出す前にサンライズの展望台へ移動します。朝日に照らされて色の変わっていくエアーズロックの姿は、感動の一言。自然の偉大さに圧倒されること間違いなしです。ちなみに、エアーズロックの後ろから太陽は出てきません。鑑賞時間は十分に確保してくれています。そのあ... もっと見る↓

と、エアーズロックの下までバスで移動し、登山かその他のコースを選ぶのですが、全ての時間を登山でもいいですし、登山+その他にもできたりと、その時の状況によって選ぶことができる充実の内容でした…というのも、登山は思いのほかきつく、初めのチェーンを使っての登る急勾配が恐怖そのもので登り切るこのがかなり困難だからです。リタイヤせざる得ない人もいたようです。登山する場合は、靴底がぼこぼこして滑りにくいものがお勧めです。時間的なこともあり、途中から日差しがかなり強くなるので、水も1リットルでは足りないかもしれません。恐怖でしかない登り、下りが多いですが、山(岩)頂の景色、達成感は何とも言えないものがありました。往復は2時間とも言われていますが、かなり健脚の人でその時間なので、慣れていない場合は2.5~3時間を考えていた方がいいと思います。スケジュール通りにツアーは終了するのですが、登山した場合、汗もかきますし体力をかなり使うので、この後飛行機に乗って移動となると、自分は厳しいなーと思いました。2泊3日であれば、なか日に参加することをお勧めします。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山

参加日 2017年04月
参加形態 ファミリー
参加人数 2人

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山

評価:
参加者名:
匿名希望

朝早く出発するので、寝坊してツアーに参加できなかった方もいらっしゃいました。サンライズは展望台から見ましたが、独特な風景の砂漠の向こうから上がる太陽とその光に照らされるウルル、その向こうに見えるカタジュタという凄い風景を堪能することが出来ました。サンライズを見た後は、ウルルへの登頂を希望していたのですが、風が強くこの日は登山道が開くことがなかったため、ウルルの麓散策に参加しました。登頂できなかったのでは残念でしたが、ウルルにまつわる神話やアボリジニにとって... もっと見る↓

ウルルがどんな場所であるかの説明を聞くことができ、逆に登れなくてもよかったかなと思えるくらいの内容でした。旅行雑誌などには4月末は半袖でも問題ないようなことを書いてありましたが、この日は肌寒く、1日中ウインドブレーカー着て散策していたので、必要ないと思っても寒さ対策はしておいた方が無難かもしれません。

次回は登山したいです。

参加日 2017年04月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

次回は登山したいです。

評価:
参加者名:
MASAKI

2017年のGWに参加しました。
当方、女性一人旅だったのですが、参加4日前に日本からネットで申し込みました。
4月末の参加でツアーは早朝(6時頃)ホテル出発でしたが、サンライズ会場に着いてから暖かい飲み物とクッキーを提供して頂いて、前日にスーパーで購入していたバナナも一緒に食べながら日が昇るまでの間に十分腹ごしらえをする事ができました。
肝心のサンライズですが、朝日に照らされたウルルはとても幻想的でいつまでも眺めていたい気分でした。
頑張って早起... もっと見る↓

きした甲斐がありました。
サンライズの後は登山希望だったのですが、この日は山頂での強風の為、登山口が開かず断念。
その代わり、ウルルの麓を散策しながら、各所で先住民族の生活や文化などを詳しく教えて頂く事が出来て十分楽しめました。
・・・が、次回行ける機会があれば、今度こそは登山したいです(笑)
今回は登山が出来なかったので4つ星とさせて頂きましたが、ガイドの方の対応やツアー内容としては大満足でした。
ちなみに、GWはオーストラリアの初冬にあたりますので、早朝はかなり冷え込みます。今回の様に登山出来ない時は風も結構ありました。
私は長袖のヒートテック、長袖Tシャツ、薄手のパーカー、ウルトラライトダウンのベスト、ウィンドブレーカーを重ね着して、下はジーパンでちょうどいい感じでした。
暑いと感じる場合はバスに荷物を置いたまま散策出来ますので、寒い時期に行かれる方は、色々重ね着出来る様にしてかれる事をおススメします。
また、登山希望の方は、両手が使えるようにリュックサックか、斜めがけのカバンの場合は、ストラップを短く調整してカバンを身体に密着させる様に…とガイドの方も言われていました。

寒い…が楽しいツアーです

参加日 2017年04月
参加形態 ファミリー
参加人数 2人

寒い…が楽しいツアーです

評価:
参加者名:
匿名希望

サンライズを見るツアーなので、当たり前ではあるのですが、朝がはやく、そして、参加したのが、4月下旬だったので、思っていた以上に非常に寒かったです。サンライズまでに大分時間があったのですが、ずっと外で待機になるので、寒かったです。もしかすると、しばらくバスで待機してから展望台に上がってもよかったのかもしれませんが、他のツアーの方々とも一緒だったので、良い写真を撮ろうと思うと、はやめに外で待機しておかなければならなかったと思います。
寒かったので、暖かい飲み... もっと見る↓

物を用意してくれたのは本当に良かったです。
サンライズ自体は、きれいでよかったです。
その後は、風が強いため、ウルルには登れず、麓散策を行うことになりました。ウルルに登れなかったのは残念でしたが、色々な説明を聞きながら回る麓散策ツアーは非常に面白く、逆に登れなくてもよかったかなと思えるくらいの内容でした。

ウルルにまつわるおとぎ話が面白い

参加日 2017年01月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

ウルルにまつわるおとぎ話が面白い

評価:
参加者名:
匿名希望

ウルルのサンライズは天候も良く、朝日に赤く照らされたウルルを見ることができました。クッキーとコーヒー、紅茶のサービスがあり朝早かったので朝食代わりにすることができました。
登山をするつもりで申し込んだのですが、残念ながら強風の影響で登山口が閉まっており登山することはできませんでしたが、その代わり麓巡りをしました。麓巡りの際にはガイドさんがウルルにまつわるいろいろなおとぎ話をしてくださりとても面白かったです。英語だと全て理解することは難しいと思うので、日本語... もっと見る↓

で聞いた方がよりウルルの面白さがわかると思います。
壁画を見ることができたり、ウルルハグをしたり登山しなくとも十分にウルルを堪能することができると思います。

満足度は天候に左右されます。

参加日 2017年01月
参加形態 ファミリー
参加人数 2人

満足度は天候に左右されます。

評価:
参加者名:
TAKAYUKI

1月2日に参加しました。ウルルの色の変化を見るべく、午前4時40分ホテル発。エアーズロックリゾートより車で10分程の場所にあるサンライズ会場に到着。眠たい目をこすり、会場で用意されているコーヒーを飲みながら待ち構えると午前6時、ついに真っ赤に変化し、光り輝くエアーズロックが目の前に。感動モノです。たった3分間でしたがガイドさんいわく、元旦は全く太陽が見えなかったそうなので、実質これが初日の出だとのこと。日本から来た甲斐がありました。オーストラリアは夏とは言... もっと見る↓

え、早朝は羽織る物を一枚用意した方が良さそうです。
その後は登頂へ。残念ながら強風の為クローズでしたが登れる確率は3割程度なので、ダメもとで行きましょう。やはり自然相手なので、運次第です。参加者の中には翌日も同じ行程で再挑戦する方もいらっしゃいました。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日 2015年05月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

素晴らしい景色

評価:
参加者名:
Shiori

パッケージでもいろいろあるようですが今回の旅の目的はエアーズロックだったので単品で購入しました。
登山ができなかったのが残念だったけど日本語ガイドさんにしていたのでいろいろ説明がきけてよかったです。いつかまたいけるといいな~

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日 2014年06月
参加形態 友人・同僚
参加人数 2人

キツかったけど、感動!!

評価:
参加者名:
kuma

エアーズロックを登山しました。
思っていたより....きつかったです。
(もっと、気軽に出来るかと思ってたので..)
しかし、キツかった分。登頂した時は感動でした!!
早朝、登り始めた時は、長袖の上着を着てましたが、
最後には、暑くなりTシャツ一枚でよかったです。
最初の鎖を伝って急斜面を登るときは、鎖が冷たいし、滑るので、
いぼいぼ付き軍手を持って行って、重宝しました。
普通のスニーカーで滑りそうになったので、出来ればトレッキングシューズをお勧めします。

ウルル登山ならず

参加日 2014年02月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

ウルル登山ならず

評価:
参加者名:
MIZUE

せめて途中の鎖までだけでも登ってみたかった・・などと。いろいろな背景で登れる機会自体がレアとのことでしたし、周辺の散策路も興味深く、短時間でしたがウルルをよく理解できる機会だったと思います。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日 2011年03月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

またくるぞ!

評価:
参加者名:
がってん

登山ができなかったのが残念だった。でも、ふもとめぐりで大自然を満喫できた。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日 2011年03月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

自然遺産

評価:
参加者名:
YUKI

自然の遺産をそのまま大切にして、これからも残していきたいという現地の方や、スタッフの方の思いを身近に感じられてとてもよかったです。実際に見て、この自然のすばらしさをこれからも残してほしいと思います。一つ一つがてもすごかった。今度はエアーズロックに登山ができたらよいです。て、また来ます!

運営会社「ホットホリデー」より
口コミありがとうございます!

オーストラリアの大自然満喫していただけたとのこと。よかったです。
またぜひいらしてくださいね。
スタッフ一同お待ちしております!!

運営会社「ホットホリデー」より
口コミありがとうございます!

オーストラリアの大自然満喫していただけたとのこと。よかったです。
またぜひいらしてくださいね。
スタッフ一同お待ちしております!!

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日 2010年11月
参加形態 一人参加
参加人数 1人

経験豊富なガイドさん♪

評価:
参加者名:
Akiko

連れて行ってくれるだけかなー、って思っていたら、
よくお勉強されている感がとても伝わってくるガイドさんでした。
個人で行くよりいろんなコトが学べました。
登れなかった時の2日目の再チャレンジなども、
とっても良いサービスだと思います。
良いツアーでした。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日
参加形態
参加人数

登れなかったけど満喫できました

評価:
参加者名:
takeshi

結局登山はできなかったけど楽しかったです。次の日もエアーズロックに滞在している方は、翌日無料で登頂再挑戦できます。天候のせいで登れなかっただけなのに、親切だなーと思いました。さすが観光地&日本語なので至れり尽くせり。4、5時間のツアーだけど無理のない日程で安心して参加できました。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日
参加形態
参加人数

寒さに注意!

評価:
参加者名:
mamoru

オーストラリアだし・・・と思ってたら、エアーズロックでは凍えます!日の出前のまだ太陽が出ていない時間は要注意!厚手の上着を持参することをお勧めします。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日
参加形態
参加人数

七色に変わるエアーズロック

評価:
参加者名:
takeshi

朝の光をあびて広大なエアーズロックが七色に
光変わっていく姿はまさに感動。
登山は結構な急斜面で上るのに一苦労します。

エアーズロック・サンライズ、麓めぐり&登山 (日本語)

参加日
参加形態
参加人数

もし登れなくとも

評価:
参加者名:
kennji

天候によっては登れないこともありますが、その場合に催行される麓めぐりのツアーが充実しています。エアーズロックの伝説や古くからのアボリジニの生活の様子、今でも受け継がれている伝統や儀式など、興味深い知識を身につけることができました。